更新月じゃないけど…解約方法の流れとは!?

退去日の一か月前までに連絡する

異動などで急な引っ越しが決まると、更新月以外に解約しなければならないケースがあります。そこで、解約方法の流れを確認しておきましょう。
まずは、大家さんや管理会社へ解約の連絡をしなければなりません。引っ越しが決まったらなるべく早く、遅くても退去日の一か月前までには連絡するようにして下さい。
次に、電気やガスなどライフライン関係の手続きも必要になってきます。解約は電話だけでなくインターネットでも申し込めるので便利です。
退去日には、大家さんや管理会社と立ち合いで部屋の状態を確認します。設備が破損していないか、壁や床に大きな傷がないかなどのチェックです。確認が終わり、鍵や備品などを返却して終了となります。

敷金を精算してもらう

引っ越してしばらくすると、退去日に確認した原状回復の見積もりが送られてきます。部屋の状態が良ければ、費用はそこまでかかりません。
見積もりを確認し、金額などに間違いがなければ合意の連絡を入れます。もし、何かわからないことがあったら、大家さんや管理会社へ聞いてみて下さい。
原状回復が成立すると、敷金を精算してもらうことができます。返還されるのは、敷金から原状回復にかかった費用が差し引かれた金額です。
更新月以外の解約では、家賃を日割りで支払うのが一般的となっています。契約によっては、一か月分の家賃を支払わなければならない場合もあるので注意して下さい。解約前に賃貸の契約書をよく確認するようにしましょう。

© Copyright Housing Advice. All Rights Reserved.